ダウン症の羊水検査後の過ごし方!お腹の張りや痛みは?安静期間について!

baby

 

羊水検査って何するの? 検査した後はどう過ごす?

 

スポンサーリンク

羊水検査は出生前診断のひとつです。

その名前の通り、お腹に細い針を刺して羊水を採取し、調べることで、胎児の染色体異常のリスクを調べることができます。

当然、細いとはいえ針を刺すので、小さな注射の跡が残ります。

もちろん、時間が経てば痕は消えます。

これは腕に注射するときと同じですね。

注射跡にガーゼを貼りますが、当日~翌日にははがして大丈夫です。

羊水採取のあと数十分は安静にしておかなければなりませんが、入院などはまず必要ありません。

ただし、病院によっては羊水検査自体が入院を必要とする場合もあります。

当日からシャワーや入浴をしてもよいか、安静にしておくべきかは、医療機関の方針によって異なっています。

帰宅後からいつも通りに過ごしていいといわれる場合もあります。

しかし、せめて当日~3日間くらいは入浴等はせずに安静にしておいた方が、お腹に負担がかからないのではないかと思います。

もともとが妊婦さんですから、そういう人はいないと思いますが、激しい運動や重いものを持ったりするのは厳禁です。

羊水検査は結果が出るまで2週間程度かかります。

おそらく、検査結果が気になって気が気ではないと思いますが、母親の不安はお腹の赤ちゃんにも影響します。

気にするなというのは無理でも、なるべく心を落ち着かせて過ごすようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

▶︎ダウン症の羊水検査後の堕胎や流産の確率はどのくらいあるのか?

 

羊水検査でおなかが張る?

実は、羊水検査には流産の危険性があります。

もちろん、それほど高い確率ではありませんが、ときに破水したり、羊水が漏れたりして、流産や死産につながる危険性もあります。

このような状況を防ぐためにも、処方された薬(抗生物質やお腹が張るのを防ぐ薬が処方されます)は言われたとおりに飲んで、無理せず過ごしましょう。

また、破水をしている、痛みがある、出血している、など異常が感じられる場合は、すぐに病院を受診してください。

 

▶︎ダウン症の羊水検査費用はいくら?


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ