21トリソミー(ダウン症候群)の子供が産まれた原因

ダウン症候群という病気は、染色体の異常が原因です。

21トリソミー、トリソミーGという少し難しい表現がされ、精神遅滞や知的障害等の様々な合併症があるケースがあります。

特に多い合併症としては先天性心臓疾患があげられます。

 

スポンサーリンク

 

先天性疾患について

先天性疾患が多く見られるのもダウン症候群の特徴のひとつです。

 

手をつなぐ親子

 

胎児の発育が著しく遅れていると診断された背景には、21トリソミーによるダウン症が原因となる場合が大半を占めています。

一部の染色体が過剰に存在する事によって、通常は2本あるはずの染色体が3本ある状態をトリソミーと呼びます。

21トリソミーと言われるダウン症候群の原因は、21番目の染色体が過剰に複製される事で症状が出ます。

成長過程においても、発育不全等の状態が出てきます。

現在、ダウン症候群の赤ちゃんの多くは約95パーセントの原因が21トリソミーであると言われています。

過剰な染色体が作られる原因のひとつには、父親の染色体由来であるとも考えられていますし、女性の高齢出産という状態も若干影響してきます。

 

スポンサーリンク

 

女性の高齢出産

特に女性が35歳以上で出産する場合は、母親由来の染色体異常の可能性が高くなります。

遺伝であるとも考えられていますが、実際には遺伝しない事も分かってきました。

中には自然流産となる可能性もありますが、21トリソミーで産まれた赤ちゃんは、合併症の状態にもよりますが、多くの場合が成人して生きていく事ができます。

現在の医療は、ダウン症事態の治療は確立されていませんが、合併症を治療する事が出来るようになってきました。

合併症を治療する事で、ダウン症が改善されていくわけではありませんが、短命だと言われていた頃よりも、長く生きられるようになりました。

しかし男性に関しては、生殖能力が無いとされています。

 

▶︎21トリソミー(ダウン症候群)の合併症一覧

 

21トリソミー(ダウン症候群)の子供が産まれた原因のまとめ

一昔前は不妊症やダウン症といった原因は、私たち女性に原因があると言われてきましたが、近年の医療の発達により、ダウン症や不妊症といった原因が女性だけでなく、男性にも原因がわかってきています。

ダウン症については染色体の異常ということですが、いまだ原因が不明確である事がわかります。

相手を責めるのではなく、お互い尊重しあって、子育てをして行くことがこれから大切だと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ