21トリソミー(ダウン症候群)の合併症一覧

21トリソミー(ダウン症候群)の合併症を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症21トリソミー合併症一覧

<先天性心臓疾患>

21トリソミー(ダウン症候群)の合併症の中でも一番多いとされる、先天性の心臓疾患では、心臓に穴があいている状態で産まれてくる赤ちゃんの割合が高いとされています。

心臓疾患の多くは、治療が可能になっていますので、生後間もない間に何度か手術をする事で完治するケースもあります。

 

<先天性白内障>

産まれた時から白内障である可能性が否定できない場合があります。

産まれたての赤ちゃんは、視力の異常を的確に調べる事が難しい為、注意が必要です。

先天性の目の合併症には、眼振・斜視・屈折異常等の病気も可能性として考えられます。

 

<難聴>
21トリソミー(ダウン症候群)の合併症の子供の成長過程において、難聴の症状が出てくる事が考えられます。

聴力も保護者が気がつかなければ、本人が訴えるケースは稀ですので、少しでもおかしいと感じた場合は、医師に相談します。

 

スポンサーリンク

 

<知的障害>

ダウン症=知的障害だと認識している人が多いですが、ダウン症と知的障害は別の疾患です。

ダウン症の合併症として知的障害が多いのも事実です。

知的障害は治療が確立されていませんので、個性を活かした生活を必要とされます。

 

<臓器不全>

心疾患に次ぎ多い合併症のひとつです。

腎臓・肝臓・腸等の機能が正常に働かない為、様々な症状が出てしまいます。

循環器不全も同じように、手術で治療できる場合も多くなっています。

 

<若年性アルツハイマー病>
ダウン症のみ持っている方の40歳以上に多く見られる事が分かっています。

合併症が無い場合の人に多いのも特徴とされています。

ダウン症の治療は確立されていませんが、

合併症を治療する事は可能になってきています。

 

▶︎21トリソミー(ダウン症候群)の胎児とは!13・18トリソミーって?

 

21トリソミー(ダウン症候群)の合併症一覧のまとめ

ダウン症で一番怖いのは合併症です。重度の場合は命にも関わる程危険を伴う合併症!心臓にも合併症を伴うケースも多いので親としてはかなり心配です。

疑わしい場合はすぐに検査をして最善の対応というのが良いでしょう!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ