出生前診断でのダウン症の人権はどうなるのか?

出生前診断を受けダウン症である事が確定した場合、人工中絶を希望する人がとても多い事実が判明しています。

胎児の命を親の勝手で奪って良いのか…そんな意見も多くあります。

 

スポンサーリンク

 

日本ではダウン症とわかったらどうする人が多いのか?

日本では、実際に出生前診断を希望する人は、ダウン症の可能性があると言われた場合です。

通常の妊婦検診のエコー等で何も異常が見られない時は、あえてする必要が無いのも現実です。

 

ソファに座る妊婦と少年

たとえ胎児の状態でダウン症があるとわかり、中絶をするか、妊娠を継続するか。

選択は自由と言っても良いです。そして妊娠発覚後の中絶は、法律的には特に罪にならないのも日本の法律です。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症と人権について!

産まれてきたダウン症の赤ちゃんにも、人権はあります。

ひとりの人間としてこの世に生まれてきたのだから、人権があり、その人権は守られるべきものだと思います。

出生前診断での羊水検査は、ほぼ100パーセントの確率で決定されます。

ダウン症という病気を持っているけど、頑張って産まれてくる命です。

将来、ダウン症と向き合いながら生活していく事になります。

日本国内でも障害児・障害者に対する偏見は、非常に大きく目立ちます。

誹謗中傷する人もいます。

そのような人は、自分は健常者だと主張しているだけに思えませんか?

少し前には、盲導犬が刺されるという事件も起こりました。

自分より立場や力の弱い者にしか、自分をアピールできないだけの寂しい人がいるものですね。

ダウン症であるというだけで、日常の生活も違いが出てきます。

ダウン症だから人権など、本人が分からないから必要ない…等の悲しい意見も多く見かけます。

出生前診断は、賛否両論ですが、私個人的にはあまり賛成できない制度だと感じています。

尊い命を親ならば、しっかりと手助けをして育てていく義務があるからです。

 

▶︎ダウン症の顔はエコーでわかるのか?

 

出生前診断でのダウン症の人権はどうなるのか?のまとめ

人権的な問題はひとそれぞれ考えがあります。

出生前診断でダウン症と知り、堕胎や流産をする人います。

ダウン症だから人権がないというのではないですが、やはりダウン症の人がもっと良い環境で生活できる場を適用できるようになるといいですね!

出生前診断があまり賛成できないとはいえ、母親になる立場からするとやはりダウン症や障がいがあるか?というのは、気になってしまう!というのは、現実的な事だと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ