出生前診断でのダウン症の診断費用は?

出産前診断でのダウン症検査費用は、羊水検査が確率的には非常に高いようです。

特に40歳以上の妊婦さんが受ける傾向にあるようです。

 

スポンサーリンク

 

10万円〜出来るダウン症の検査!

出生前診断でのダウン症の検査費用は、病院によって若干の違いがあるようですが、10万円前後で出来ます。

10万円程の金額でしたら、それほど難しい金額ではない、という意見が多くありました。

一生涯向き合っていく命ですから、出生前診断を受けて、心構えをしたいと思うのではないでしょうか。

現在はまだ保険の適応がありませんので、実費が基本になります。

ダウン症であるか知りたいと思う妊婦さんは、とても多いものです。

障害を持って生まれてきたら?と不安になる人も多いのが事実です。

 

ソファでお腹を見つめる妊婦

不安を解消できるというメリットがある半面、結果が陽性と判断された場合、中絶を希望する夫婦も多くなりました。

始めからダウン症だと分かっていて、産まれても育てられない!という考え方があるようです。

血液検査でダウン症を調べる場合は、羊水検査と比較すると確率は低くなるようです。

羊水検査と違い流産の危険性は無いという事です。

 

スポンサーリンク

 

血液検査でのダウン症の有無は2〜3万円程

血液検査によるダウン症の有無は、2万〜3万円程度で一週間程で結果が分かるようです。

費用に関しては、近い将来保険が適応になるという話もあるようです。

不妊治療に対する助成も、少しずつ変わってきましたね。

まだまだ実費の現実が多いですから、費用の問題もついて回ります。

出産は、綺麗事では済まない現実です。

産まれた赤ちゃんの将来も考えていかなければなりませんし、大きくなるに従って様々な分野でお金が必要になります。

それはダウン症の子供でも、健常者であっても違いは無いと考えます。

出生前診断を受ける事で、現実と向き合う覚悟ができるというメリットも大きいと思います。

 

出生前診断でのダウン症の診断費用は?のまとめ

血液検査とエコー検査は母体にもリスクがないので、心配な人は検査をした方が良いと思います。

私もダウン症の検査はしましたが、検査をするだけでも精神面はだいぶ楽になりました。

特に最初の初産に関しては、ダウン症を含め不安なことも多くあるので、検査をする事をオススメします。

羊水検査は母体へのリスクもあるため医師の判断に任せるの適切かと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ