ダウン症の新生児はよく寝るのか!?

ダウン症の新生児に関してよくいわれていることの一つによく寝るという特徴があります。

よく寝るという特徴の他にもあまり泣き出さないという特徴があり、これらによってあまり手のかからない子供だと安心する両親がいます。

 

スポンサーリンク

 

良く眠る子供はダウン症!?

実はそのような特徴を持っている子供がダウン症であることは多いため気をつけてください。

眠る赤ちゃん

 

もちろん、検査をすればすぐに分かることなのですが、医師が見逃してしまうケースも存在しています。

ただし、普通の赤ちゃんであっても、よく寝るのは普通のことであるため、寝るという行動だけでダウン症を判断することは難しいでしょう。

実際にはダウン症児の持っているさまざまな特徴が見られるのかを確かめて、疑いのある場合には正式な検査をすることになります。

ダウン症は染色体レベルでの異常のため、検査をするのは簡単であり、結果もすぐに判明します。

もし、自分の子供がダウン症であるならば、早めにそのことについて知っておくべきであり、ダウン症の子供の育て方についてもきちんと学ぶべきでしょう。

医師の方から、子供にダウン症の兆候が見られるために、検査をしますといわれることもあります。

ダウン症児であると告知されたとしても、自分の子供であることには変りないため、きちんと育児をして、子供を育てるのは当然のことです。

 

▶︎新生児のダウン症の耳の画像や写真を見た特徴は?

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の赤ちゃんは育てやすい

ダウン症の子供は赤ちゃんの頃はよく寝るために育てやすいと感じる人は多いです。

また、ダウン症に関するさまざまな症状を改善させるためには、小さな頃から気を使って育児をする必要があります。

そのため大変なこともたくさん存在しています。

もしダウン症児を育てることになったのであれば、ある程度覚悟をしておくべきでしょう。

子供に対する愛情をきちんと持つことができるならば大丈夫でしょう。

 

ダウン症の新生児はよく寝るのか!?のまとめ

確かによく寝る子供は手がかかりません。実際うちの子供も産まれたての頃は他の赤ちゃんに比べ、大変よく寝たというのを記憶しています。

またダウン症の子供はあまり泣かないというのも印象深く、出産した女性の多くは夜泣き等で過度のストレスがたまるのは、実際に多くあります。

しかしそれ以上にダウン症の子供を育てるには、出生前に判明した場合は、やはり覚悟を決めておく必要があると思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ