ダウン症の新生児はミルクの飲み方が上手くない!

ダウン症児を育てる際に注意するべきこととして、ミルクの飲み方が下手な点を理解しましょう。

赤ちゃんを健康で元気な子供に育て上げるためには、毎日ミルクを与えることがとても重要です。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症のミルクの飲み方について

普通の赤ちゃんであれば、生まれつきミルクを飲むための能力を持っていて、それによって栄養を補給することができます。

 

Mutter beim Stillen von  Baby mit Brust

しかしダウン症児ではミルクの飲みが悪いという特徴があるため、苦労をする方も多いです。

まずは、毎日どれくらいのミルクを飲むのかをきちんとチェックしておくことが大切でしょう。

そして、ミルクを飲まなくなってきた場合は対処することを考えなければいけません。

ダウン症児がミルクを飲みにくくなる理由としては、舌の大きさや顎の小ささ、口腔内の構造の違いなどが考えられます。

また、疲れやすい体質となっているために十分な量を飲めないことも多いのです。

直母できるようになったとしても、スムーズに飲んでくれないこともあります。

ポイントとしては、赤ちゃんを抱く時には斜め横向きに抱くようにしましょう。

そして、頬の内側をめがけて落としこむようなイメージで母乳を与えると良いでしょう。

こうすることによって、上手く吸い付いてくれるようになります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児のミルクは哺乳瓶から始める?

いきなり直母させるのはハードルが高いため、最初は哺乳瓶によってミルクを与えるのが一般的です。

哺乳力を向上させることによって、全身の筋緊張状態を緩和させる効果もあります。

哺乳瓶に関しては、色々なメーカーのものが存在しているため、評判の良いものを選びましょう。

特定のメーカーのものだと、なかなか飲んでくれないということもあります。

ダウン症児にミルクを与えることは大変なのですが、生きていくためには絶対に必要となるものであるため、丁寧に与えましょう。

 

▶︎ダウン症の新生児の画像や写真を見た特徴のまとめ

 

ダウン症の新生児はミルクの飲み方が上手くない!のまとめ

ダウン症の赤ちゃんは、最初うまくミルクが飲めないという心配があるようですが、対応をしっかりとする事で解消できるというのがよくわかります。

ダウン症を授かった親は、焦らずその子のペースで成長して行って欲しいと願い人も少なくありません。

ミルクの飲み方もゆっくりですが、問題なくなると思いますので焦らずゆっくりと行くのが良いでしょう!

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ