ダウン症の新生児の体重について!

ダウン症児は染色体に異常によって生じる子供であり、生まれつき病気を抱えている存在です。

頻度としては1000分の1の割合で生じるとされており、高齢出産の際にはその確率が跳ね上がることが知られています。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児の身体的特長について

ダウン症児にはさまざまな特徴があるのですが、身長や体重に関しては正常児よりも小さくなっています。

 

保育器の中の新生児

 

そのため、通常よりも体重の軽い赤ちゃんが生まれた時にはダウン症を疑うことがあります。

もちろん、ダウン症の特徴には外見的なものから、行動や能力にいたるまでさまざまな特徴が存在しています。

現代ではきちんとした検査を受けることによって、ダウン症児であるかどうかはすぐに判断することができます。

妊娠前診断をして、妊娠中の子供がダウン症であるのかを確認する方法があります。

かつては危険性の高い診断方法が存在していたのですが、現在では安全な方法が登場しているため安心して検査できます。

しかし、すべての方が診断を受けているわけではなくて、出産をした後にダウン症の疑いを持つことによって、初めて検査をするケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症児の成長について

医師であれば、出産された子供がダウン症であるのかどうかを簡単に判断することができます。

したがって、新生児が誕生した後に、ダウン症であることを告知されるケースもあるのです。

新生児の段階でダウン症児の体重は小さいのですが、それから成長していく時にも通常の子供よりも身長や体重の増加する早さは遅くなっています。

これは染色体の異常によって生じてしまう症状なのです

ダウン症児の親は、自分の子供の病気に関する症状をきちんと理解してあげて、温かく見守ってあげることが大切です。

また、病気についての正しい理解をすることも重要であり、それによって、子育てが上手くいきます。

 

▶︎ダウン症のエコー検査で手がグーパーを出来ないとダウン症の可能性?

 

ダウン症の新生児の体重について!のまとめ

私の知り合いの子供も産まれた時は、超未熟児で心配しましたが、今はすくすくと育ち大きくなりました!

ダウン症の赤ちゃんは、普通の赤ちゃんよりも体重が軽いということですが、それだけでは判断できないのがよくわかります。

未熟児で生まれてもダウン症でなく、別の病気を持っている可能性も否めません。

少しでも不安だな?気になるな?と感じたら、ダウン症だけなくすぐに医師に相談する事をオススメします。

 

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ