ダウン症の新生児について!ダウン症はどんな風に告知するのか!?

妊娠をした時に自分の子がひょっとしたらダウン症児なのではないかと不安に思う方は多いでしょう。

特に高齢出産を選択された方の場合は、高確率でダウン症児が誕生してしまうためにかなり意識をする肩が多いです。

ダウン症児であるのかどうかは早めに知っておいた方が良いのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

出生前診断でもダウン症が解る

出生前診断をしたのであれば、すぐに知ることはできますし、生まれた後に何か子供の様子がおかしくて検査をしてもらった結果としてダウン症児であることが分かるケースもあります。

 

Baby

 

ダウン症児であることを告知する際には医者はとても気を使います。

どのような告知の仕方であっても、親は少なからず傷ついてしまうからです。

最悪の場合は育児をしていくやる気を失ってしまう親もいます。

そのような事態を招かないように最大限の注意を払って、親に告知することになります。

告知の時期については、たとえば生まれてすぐにされることはあまりないでしょう。

特に母親はマタニティーブルーとなっていることが多いため、それが回復して気持ちが落ち着いてから告知するケースが多いです。

平均的には一ヶ月後に伝えることがよくあります。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の子供を持つ親について

1ヶ月も経てば両親は自分の子供に対してかなりの愛着を持つようになるからです。

ただし、両親が自分の子供の様子がおかしいと判断した時にはすぐに伝えるべきであるという考え方もあります。

告知をする際には、ダウン症児がどうして誕生するのか染色体レベルできちんと説明をします。

そして、ダウン症児であっても元気に生きている子供がたくさんいることを教えます。

ダウン症児の将来の可能性についてもできるだけ詳しく説明をします。

両親がダウン症についての正しい理解を深めることを重視するのです。

 

ダウン症の新生児について!ダウン症はどんな風に告知するのか!?のまとめ

産まれてすぐにダウン症であるという告知をしないというのは、ダウン症であると100%断言できない可能性もあるからかもしれません。

芸能人を含め多くのダウン症のお子さんを持つ親の話を聞くとやはり一番多いのは出産して数週間たってからというのをよく耳にします。

産んで安心というわけではないという事がよくわかります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ