ダウン症の新生児の画像や写真を見た特徴のまとめ

ダウン症の新生児には

一体どのような特徴があるのか

気になる方は多いでしょう。

実際にこの病気にかかっている

赤ちゃんの写真を見ると、

ダウン症の特徴がとてもよく分かります。

 

インターネットで調べてみれば、

たくさんの画像を見ることができるため、

興味のある方はチェックしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の特徴をまとめてみました!

ダウン症児では、

顔が扁平でのっぺりとしています。

 

目は切れ上がっており、

耳たぶは変形しています。

 

指は太くて短くなっています。

 

ダウン症 新生児 画像

 

他にも、

外反扁平足になっています。

 

目は二重まぶたとなっており、

とてもはっきりとしています。

 

目と目の間隔がとてもひらいています。

 

舌は口の中からはみ出してしまうほど

大きくなっています。

 

首が太くて短いです。

 

頭を上の方から見た時には、

縦長ではなくて横長に見えます。

 

どうして、

上記のような外見になってしまうのかというと、

顔に関しては

中心部分があまり成長しないにも関わらず

外側が成長しているためです。

 

ただし、

このような特徴は

元々日本人が有しているもののため、

たとえば外国人が日本人の顔を見た時に

ダウン症のように見えてしまうという人もいるようです。

 

もちろん、

ダウン症児に関する特徴は

これらの外見的なものだけではありません。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症の内面的特徴

能力的なものでいえば、

長期記憶に優れている、

時間の経過に対して鈍感である、

漠然とした話や抽象的な話が苦手である、

感受性がとても強いといった特徴があります。

 

他にも、

空間や形態を認知する能力に長けており、

手先が器用です。

 

このように色々な特徴があるため、

ダウン症児と接する機会の多い方は

覚えておくと良いでしょう。

 

もちろん、

周りにダウン症児のいない方であっても、

きちんとダウン症についての

理解を深めておくことはとても大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ