胎児発育不全とダウン症の関係は?

「胎児発育不全」と言われると、ダウン症の可能性が頭を過る妊婦さんか多いようですが、実際にはダウン症の疑いというのは低くなるようです。

発育不全は、子宮内の赤ちゃんが週数に対して小さい事から、妊婦検診等の受診時、医師から言われる場合もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

発育不全の原因について

実際に胎児が小さいからと言って、ダウン症であるとは言われないのが事実ですよ!

発育不全の原因のひとつに、栄養が上手に吸収できない状況があるとも言われています。

 

胎児発育不全 ダウン症
http://www.maternity-baby.com/free_9_57.htmlより引用

 

胎児は母親の血液の栄養分を吸収しながら成長していきます。

従って、母体の血液の循環が悪い時に、胎児は栄養を取りにくくなるという事になります。

そして、母体の不調には様々な原因が上げられます。

日常のマタニティーライフでの過度のストレスも原因のひとつとして上げられるでしょう。

少し不安に感じるような事を言われた場合、インターネットで検索しまくるパターンも多くなっています。

その状況で情報を取得した場合、すべて自分に当てはまってしまうと「思い込む」のが現状です。

 

スポンサーリンク

 

発育不全の不安解消について

不安を解消する為に調べるはずが、更に深刻な気持ちになってしまう事もあります。

胎児の発育不全を医師から言われた場合は、多くの妊婦さんが入院して24時間ぶどう糖の点滴をしながら絶対安静の生活をします。

一般的に入院が必要とされるのは、健診で明らかに胎児が小さい、または疾患の可能性が高いという状況が多いものです。

胎児発育不全=ダウン症という事ではなく、無事に産まれてくる為の母体と胎児の静養期間だと考えてみませんか?

悪い方の可能性を考えて過ごすよりは、今、胎児と一緒に迎える将来を考えると良いと思います。

不安になる時も多いですが、全てがダウン症の可能性ではありません。

▶︎ダウン症がわかるのはエコー何週から!?

胎児発育不全とダウン症の関係は?のまとめ

妊娠した時は、ダウン症に限らずあらゆる事に妊婦は過敏になります。

また胎児発育不全=ダウン症でないとわかっただけでも、初めて出産を経験する人からすると、一安心ではないでしょうか?

私も最初の妊娠は、かなり不安で色々と調べたり聞いたりした記憶があります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ