高齢出産だとダウン症になりやすい理由は?

高齢出産だとダウン症の子供が産まれやすい理由は、卵子の環境が密接に関わっています。

人は老化をする生き物です。

つまり、卵子も老化してしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産のダウン症になりやすい理由とは?

高齢出産だとダウン症に至ってしまうという理由が発生するのでしょう。

20代に比べると、10倍ものリスクを背負ってしまう40代での出産。

それは、防ぎようもないリスクなのです。

それでも子供を産むべきかを考えることによって、親としての自覚が芽生えます。

最近は出生前にダウン症の有無を検査することで、堕胎を検討するカップルも多くなっています。

確かにこれからの人生は大変になるということが、インターネットからの情報でもわかるでしょう。

それでも、授かった命をどのように扱うかを簡単に決めてしまってはなりません。

せっかく自分たちのDNAが入った子供をお腹に授かったという事実が、次も同じように得られる保証はないのです。

 

ママとパパと赤ちゃん

だからこそ、高齢出産でダウン症のリスクが高くなるという実態がわかっていても、自分が原因となる可能性があるとわかっていても、子供が欲しいという意向を強く抱くのであれば、夫婦で可能性に賭けてみるのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産でのダウン症の原因は男性?

高齢出産でダウン症となる理由は男性が関係していることもあります。

ですから、お互いを責めることはせず、粛々と子供を迎え入れる準備を整え、自分たちの子育てをじっくり作っていくことが、これからの人生を彩ってくれるのです。

老化が原因とされているものの、遺伝子の異常がそもそもの原因です。

あくまで偶然的なものであるということを踏まえたうえで、子供の未来を考える必要があるのです。

ですから、防ぎようのないものであるという事実を知ったうえで、この世に授かった命をどのように扱うべきかを十分に考えることが必要なのでしょう。

高齢出産だとダウン症になりやすい理由は?のまとめ

今までは、女性が年齢を重ねるとダウン症児を出産しやすくなると思われていました。

しかし高齢と考えると、女性ばかりでなく男性の卵子にも要因があるというのがよくわかります。

大切なのは、現在の医療で防ぐことが出来ないことに対し、夫婦がどう向き合うのか?という事が改めて大切だと感じました!

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ