高齢出産でのダウン症のリスクとは?

高齢出産で考えられるダウン症のリスクとしては、卵子が傷つくという状態が考えられています。

年齢と共に卵子も老化が進みます。

つまり、何らかのリスクを抱えているものが出現する可能性が高くなるのです。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産のダウン症の確率は何%

いくら月経周期が一定していて、体が健康だという状態であっても、年齢を偽ることはできないのです。

だからこそ、高齢出産はダウン症のリスクが高いとされるのでしょう。

一定の確率でダウン症児が生まれるとされていますが、20代の母親が出産した場合では、わずか0.1%の確率しか、ダウン症が産まれる可能性はありません。

 

ダウン症 高齢出産 リスク

 

それが30代を過ぎると確率がアップします。

高齢出産と言われる35歳以上では、0.3%の確率でダウン症児が生まれるのです。

40代を超えると1%にまで確率がアップします。

 

スポンサーリンク

 

ダウン症は高齢出産と男性の年齢に関係がある!!

ダウン症は年齢と密接に関わるリスクであることがわかるでしょう。

だからこそ、高齢出産でダウン症を抱えるリスクが高いと証明されるのです。

ただし、ダウン症の可能性を示唆された場合でも、本当にダウン症児が生まれるかはわかりません。

あくまで出生前診断では、可能性を強く示唆することしかできないのです。

高確率の検査も存在しますが、子供に別な障害を発生させる可能性があったり、死産に至ってしまうこともあるので、慎重な判断が必要になります。

まずは健やかに生活することを肝に銘じて、子供を育てる努力をすることが必要です。

母体のリスクを少しでも低下させながら生活することも大切です。

高齢出産であってもダウン症のリスクに見舞われない場合も多いのです。

あくまで年齢と共に可能性が高くなるということであり、必ず健常ではない子供を出産するわけではありません。

また、父親の精子がダウン症に関係することもあります。

ですから、母親側のみの問題ではないということを知っておくだけでも、夫婦の絆を傷つけることは少なくなるでしょう。

高齢出産でのダウン症のリスクとは?のまとめ

近年では40代でも出産をされている人も多く、芸能人でも40代になり子供を産んだ人も多くいます。

必ずしも高齢出産だとダウン症の子供が産まれると言うわけではない事がわかりますが、20代や30代に比べ歳を重ねる事に、ダウン症の出産確率が高くなったり、母体への負担が大きくなるというのは事実です。

出産は病気ではないですが、命に深く関わる事です。

しっかりと夫婦揃って助けあいましょう。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ