高齢出産でダウン症の子が初産の割合は?

高齢出産だからといって、ダウン症の子が生まれるとは限りません。

それは、初産だからという理由が関係することもないのです。

初産でも経産婦でも、ダウン症の発生率は年齢と共に増加します。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産のダウン症発症率は!?

高齢出産のダウン症の割合は非常にシビアであり、20代では0.1%、35歳では0.3%、40代となると1%の割合でダウン症児が生まれるとされているのです。

高齢出産でダウン症のであったという統計はこのように発表されているものの、それが初産であったかどうかの検証では、正確な割合としては打ち出されていません。

やはり、統計的な情報を重ねるには、苦労が伴うのではないでしょうか。

 

妊娠中の女性

これから色々なデータが蓄積され、新たな情報が出現するようになるでしょうが、高齢出産のリスクについての情報も、ここ数年で色々なものが出現しているのです。

ただし、いくらリスクに対する情報がわかるようになったとしても、現時点では防ぎきれないものも多いのです。

 

スポンサーリンク

 

高齢出産の初産でのダウン症ケース

ダウン症児を授かるリスクを防ぐことができないというのもその一つなのです。

ですから、高齢出産でダウン症を抱えた初産というケースは、十分考えられるリスクなのです。

だからこそ、いつまでも確立にとらわれるのではなく、子供を授かるという方向性をどのように考えるかによって、不妊治療を行ったり、出産をあきらめたりといった分岐点が出現するのです。

子供がいる家庭は、夫婦二人の生活とは違って、色々な経験ができます。

それを幸せに感じられるようになるには、夫婦でこれからどのようにして歩むべきかを議論する必要があるのです。

十分な検討ができるようになれば、それだけで夫婦の絆が強固になります。

たとえ高齢出産でダウン症の子が初産で授かったとしても、それをしっかり受け止めて人生を楽しむことができるのです。

高齢出産でダウン症の子が初産の割合は?のまとめ

うちの母もかなりの高齢出産で私を産んでくれました。

年を重ねる事に母体への不安は大きくなります。

また近年晩婚化が進んでおり、30代後半から40代での初産というにも増えてきています。

高齢出産=ダウン症というのではないのですが、やはり高齢での出産の際は、慎重に検査やご主人と話し、お互いの理解の元、出産に挑むべきだと思います。

 

12・・>>次のページへ


スポンサーリンク


→ダウン症の出生確率を今すぐ7割軽減する


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ